• TOP
  • 福岡エリア

福岡エリア

選ばれる理由

福岡エリアの電力会社はイデックスでんきの株式会社 新出光

イデックスでんきとは、新出光が一般家庭や店舗に販売する電力のことです。
2016年4月より電力自由化がスタートし、イデックスでんきも新電力会社のひとつとして誕生しました。
新出光ではこれまで九州のエネルギーを支え続けてきた長年の経験と実績、そしてノウハウを活かし、九州で暮らす皆さまのより豊かな暮らしを創造する企業として新しいステージで皆さまとつながっていきます。

各エリアの平均的な電気代

福岡県にある電力会社を利用した際の平均的な電気代はいくら?

福岡県の電力会社を利用する場合、平均的な電気代はいくらになるのでしょうか。基本的な電気代や世帯別の電気代など、気になる部分を解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

目的別!福岡県にある電力会社の平均的な電気代

福岡市の月間で計算した場合の平均的な電気代は、6,993円になっています。細かく見ていくと、1人暮しの平均的な電気代は3,654円、2人暮しだと6,003円、3人暮しでは6,898円となっています。世帯数が多くなるにつれて、電気代の平均金額も上がります。

ちなみに4人暮し以上の月平均の電気代は、4人暮しが7,438円、5人暮しは7,869円、6人暮しだと10,097円の平均金額です。福岡県における平均的な支出総額は241,256円になるため、電気代が家計を占める割合は2.9%になります。

季節別の電気代

春・秋の平均的な電気代 22,666円
夏・冬の平均的な電気代 28,000円

季節別で計算した場合、全世帯の平均的な金額は、春・秋の電気代は22,666円になります。また夏・冬の平均的な電気代は28,000円です。ここから季節別の電気代の特徴を解説していきます。

春・秋の平均的な電気代
春や秋の季節は電気代が安いイメージですが、夏・冬の季節と比べてあまり変わりません。これは花粉や梅雨などで、洗濯乾燥機や除湿機能を多く使う機会があるため、春に電気が多く使われていることが理由です。

夏・冬の平均的な電気代
夏はエアコンを使用しますが、エネルギー的には少ない傾向にあります。冬は暖房の利用が多く電気代は高くなりがちです。そのため季節別の平均的な電気代は、差があまりないといえます。

世帯別の電気代

1人暮しの平均的な電気代 8000円
2人暮しの平均的な電気代 14,500円
3人暮しの平均的な電気代 19,500円

ここからは、年間でみる世帯別の電気代を解説していきます。やはり世帯数が多くなると電気代も多くなる傾向です。1人暮しと大人数では、アンペア数も変わってくるため電気代に差がでてしまうことも考えられます。

1人暮しの平均的な電気代
年間を通してみると1人暮しの平均的な電気代は8,000円になります。平日の昼間は外出している方が多く、夜のみの利用が考えられます。また炊飯や洗濯機など、家電製品を使う時間も短いため電気代は安く済みます。

2人暮しの平均的な電気代
2人暮しの平均的な電気代は、14,500円です。1人暮しと比較すると電気を使う機会も増えてきます。そのため、基本的な電気代も高くなります。そのほかアンペア数が増えたり、昼間家にいる家族がいたりすることも電気代が上がる理由のひとつです。

3人暮しの平均的な電気代
3人暮しの平均的な電気代は、19,500円です。世帯数も増え、アンペア数も多くなっていることが考えられます。また子どもがいる家庭では、洗濯物を洗う回数が増えることや、電化製品の使用頻度が多くなるため、電気代も高くなる傾向です。

まとめ

福岡市の月間で計算した場合の平均的な電気代は、6,993円になっています。細かく見ていくと、1人暮しの平均的な電気代は3,654円、2人暮しだと6,003円、3人暮しでは6,898円となっています。世帯数が多くなるにつれて、電気代の平均金額も上がります。

福岡県の電力会社を利用した場合、月平均の電気代は6,993円です。電気代は季節や世帯数、アンペア数の違いでも金額が異なります。現在使用している電気代が平均でおさまっていない場合には、電気代を見直すことも大切です。
※電気の平均的な料金については、総務省統計局の「家計調査」より抽出したデータを参考に、おおよその電気料金の平均値を整理しております。

お客様の声

いつもありがとうございます。他の電気会社より安いみたいなので利用させてもらってます

まずはお気軽にお問い合わせください!

お電話でのお問い合わせ

イデックスでんきコールセンター
0120-68-0313
0120-68-0313
営業時間 / 9:00~17:00

メールでのお問い合わせ